京都・伏見
  一枚板・無垢材の"施主支給"を応援する、ちょっと粋な木材屋
  会社概要  アクセス お問合せ・ご注文  Link大歓迎!
お問合せTEL 090-3650-4356
8:30〜17:00 日祝休
FAX  075-933-2201
mrm@maruman-kyoto.com
HP掲載担当:ワダ・ヨシタケ
店舗・住宅 無垢リフォーム
一枚板
カウンター材
テーブル材
ベンチ材 棚板
看板材・杢木
ラフ板
無垢材 他
盤・木取り材
柱・梁材
丸太端材
彫刻用角材
古材
輪切り・切り株

部材・枠材加工
 
無垢オーダー家具ができるまで
カウンターQ&A
 
オスモカラー
ワトコオイル
   TOP   >   店舗・住居リフォーム > 住居リフォーム例3 60uマンションスケルトンリフォーム

●住居リフォーム3 60uマンション スケルトンリフォーム
※新築時の部屋割りをまったく変更しているので、
「リフォーム」ではなく正確には「リノベーション」です。


 
←玄関ドアを開けたとこ
ろ。
果たして、どう変わった
のでしょうか。


↓リフォーム前の状態。
ドアを開けたら廊下が一
直線に伸び、両側に部屋
や洗面が配置されたよく
あるタイプのマンション
でした。

   

 
←玄関入って右。
明るく広い憧れの玄関に

障子や炭塗りの土間、ケ
ヤキ材(欅)の巾木も、
すべてがモダンな和を演
出。


↓リフォーム前。
普通に部屋がありました

   

 
←ケヤキの巾木。

巾木は空間の印象を大き
く左右します。
   

 
←いよいよの本丸へは贅
沢なケヤキ材の上がり框
をまたいで。

あがってすぐに畳を持っ
てきました。

マンションの一室とは思
えない設え。
   

 
←向かって正面はリビン
グが広がります。

格子から漏れる光の美し
さと、格子越しの奥行き
にわくわくします。

垂れ壁をなくし背の高い
建具に。
格子は年輪の目の細かい
ピーラー(米松)を用い
ました。
目が細かいと遠目に見て
も引き締まって見えます
   

 
←入ってからも、奥の部
屋とをしきる格子建具が
お出迎え。

既製品ではなく、建具に
こだわると統一感を持た
せながら空間が素晴らし
く演出できます。

本来なら部屋の主役とな
りえる無垢材(オーク材
)のフローリングがここ
では引き立て役になって
います。
   

 
←第一の格子をくぐって
左手には洗面・バス・ト
イレスペースなどを固め
て配置しています。

このあたりだけ壁や天井
を黒色にし、リビング部
分の白色とで分けメリハ
リがつきました。

それでいて床はお掃除ロ
ボットが網羅できるよう
一続きに。
   

 
←ユニットバスはサイズ
アップの1200mm×
1600mm。
最新設備により使いやす
さもアップ。


↓リフォーム前。
サイズは
1200mm×1200mm。

   

 
←トイレ内も黒で統一。
棚板にトチの一枚板を。



↓リフォーム前。
   

 
←洗面所も黒で統一。
洗面台板にトチの一枚板
を。
蛇口も凝ってみました。
写真は未完成状態です。
本来はこれに鏡と棚が付
きます。


↓リフォーム前。
既成の洗面台でした。
   

 
←奥に進んで左がキッチ
ン。
こちらも型にはまらず生
活にあったシンプルなデ
ザインを大胆に追求しま
した。


↓リフォーム前。
一般的なキッチン。
   

←解体してマンション最
上階のシンボルである勾
配天井がでてきましたの
で見せるようにしました

高いところで3m近くあ
り開放感が出、アクセン
トのある空間へ。

↓リフォーム前。一般的
な天井の和室でした。

←さらに奥の部屋へ。
地板と障子と畳で構成さ
れた落ち着きのある和室


↓リフォーム前。
普通に部屋がありました。
   

 
←地板は松を採用。

松独特の太い木目の中杢
が落ち着きをもたらしま
す。

   

 
←左に目をやると襖を隔
てて新しい部屋へ。

白と桃色の手すき和紙を
使った襖がとても雰囲気
に合っています。
杉の框を使ったオリジナ
ルデザインに仕上げてい
ます。
   

 
←クローゼットの取っ手
もこだわりぬいた形。

指のひっかかりが心地よ
いです。

できる限り既製品に頼ら
ない空間づくりを心がけ
ています。
   

 
←この二部屋のつながり
はとても開放感がありま
す。
障子の材料は一つの丸太
の杉からとった赤身で設
えたので統一感がでて引
き締まって見えます。

↓リフォーム前。
壁で間仕切られていまし
た。
   

 
←奥の部屋から玄関方面
を見た図。
   


※一戸建て・マンションのリフォームをお考えの方へ
弊社にお任せいただけますと、独立ページでポイントを紹介させて下されば幸いです。
写真はご希望によりプレゼントいたします。


株式会社 
     〒612-8486 京都市伏見区羽束師古川町306(MAP
 営業:月〜土曜 8:30〜17:00
(日曜・祝日休)
TEL 090-3650-4356  FAX 075-933-2201
mail : mrm@maruman-kyoto.com

TOP  会社概要 アクセス カウンター材 テーブル材 看板材・杢木
  施主支給応援  製材・丸柱加工 中古木工機械 オーダー家具 サイトマップ
 Copyright (c) 2010-2017 MARUMAN Co., Ltd.