京都・伏見
  一枚板・無垢材の"施主支給"を応援する、ちょっと粋な木材屋
  会社概要  アクセス お問合せ・ご注文  Link大歓迎!
お問合せTEL 090-3650-4356
8:30〜17:00 日祝休
FAX  075-933-2201
mrm@maruman-kyoto.com
HP掲載担当:ワダ・ヨシタケ
店舗・住宅 無垢リフォーム
一枚板
カウンター材
テーブル材
ベンチ材 棚板
看板材 杢木
ラフ板
無垢材 他
盤・木取り材
柱・梁材
丸太端材
彫刻用角材
古材
輪切り・切り株

部材・枠材加工
 
無垢オーダー家具ができるまで
カウンターQ&A
 
オスモカラー
ワトコオイル
   TOP   >   オーダー家具製作例トップ(兼テーブル) > 棚・下駄箱 > 棚27 タモ大型下駄箱

(27) タモ材の下駄箱
↑縦2600×横1225×奥400mm
2015年8月納品
玄関左のスペースを余すことなく活用。
梁と固定して倒れ防止も施しています。
塗装は木の調湿効果を活かすためオイル仕上げ。
そのため、背板や棚板も合板を一切使用していません。

ビフォー アフター
以前は既製品でした。
既製品だとどうしてもデッドスペースができがちです。
それでいて収納スペースが足りず、別途個別シューズケースを用意して上に重ねています。
傘置きも右の空きスペースを利用。このアイデアは素晴らしいですが、見た目がどうしても煩雑になります。
デッドスペースがなくなりました。
土間から少し上げることで湿気対策とともに見た目にもゆとりが生まれました。
今回は上着などを専門に収納するパートも設けています。それによるシューズ収納スペースの圧迫を回避するため、飾り棚をなくすとともに全高をアップ。
これで「収納力」「多機能」「見た目のスッキリさ」を同時に実現。色も周りにマッチしました。
鏡も全身をフォローできるよう位置調整+面積アップ。


↑鏡の建具部が新機能の上着掛け兼趣味道具収納抽斗(引き出し)と傘立て。
ハンガー吊りと傘立て部は取り外し式。
余談ですが左の扉は上下で木目がつながっています。



↑定番になりつつある隠れ抽斗(引き出し)。
認め印など小物のちょっとした収納もあればうれしいです。




↑開けるための指の引っ掛かりは上下扉の間に空いた部分の上下に設けています。



↑また、上部の引違い扉は縦框が天地すべて取っ手になるようかいだデザインです。
下の扉もインセット。すべてはスッキリと引き締まって見せるための工夫です。
(棚板はスプルース材)


棚製作例26へ
(ホワイトアッシュの本棚)
棚製作例28へ
(クリの下駄箱)


過去に制作した下駄箱は下記写真をクリックください↓
2013年9月納品
(18) 下駄箱
シンプルかわいい

株式会社 
     〒612-8486 京都市伏見区羽束師古川町306(MAP
 営業:月〜土曜 8:30〜17:00
(日曜・祝日休)
TEL 090-3650-4356  FAX 075-933-2201
mail : mrm@maruman-kyoto.com

TOP  会社概要 アクセス カウンター材 テーブル材 看板材・杢木
  施主支給応援  製材・丸柱加工 中古木工機械 オーダー家具 サイトマップ
 Copyright (c) 2010-2018 MARUMAN Co., Ltd.